Pinterest(ピンタレスト)マーケティングの成功を妨げる|見落としがちな7つのポイント

ピンタレストでよくやる失敗パターン。実際に私が失敗してきたことを中心に海外のブロガーさんたちの意見も取り入れてまとめました。

ピンタレストマーケティングを成功させるためにはピンタレストをよく知ってから利用しましょう。

ピンタレストマーケティングを成功させるために一番重要なことはピンタレストとの信頼関係だと私は確信しています。

ピンタレストマーケティングの成功を妨げる7つのポイント

1.ピンタレストのビジネスプロファイルが曖昧、最適化されていない
2.ピンタレストでのキーワードの使い方を間違えている
3.一貫性がない
4.ピンタレストユーザーの行動を理解できていない
5.ピン画像のデザイン性だけを考えている
6.リンク先のサイトの信頼度が低い
7.ピンタレストからの提案を無視している

Pinterest初心者代表
Pinterest初心者代表
今すぐ確認すべし

1.ピンタレストのビジネスプロフィールが曖昧、最適化されていない

ピンタレストのアカウント名、説明文にあなたは何者かどんなことが得意なのかがわかりやすく説明されていますか?
余計な情報は入っていませんか?
お店の名前だけになっていませんか?
キーワードになる言葉を詰め込みすぎていませんか?
プロフィール写真は鮮明ですか?

お店のやビジネスのプロフィールより、運用者の職業をアピールしましょう。
例えば、イタリアンレストランだったら『イタリア料理店』ではなく『イタリアンレストランのオーナー』『イタリアンレストランのシェフ』というようにしましょう。
ピンタレストではイタリア料理店を探している人はほとんどいません。イタリア料理に詳しい人の投稿が気になるのです。その人のお店に行ってみたいと思ってもらうことが重要ポイントです。

ピンタレストから、わかりやすく信頼されるプロフィールを今すぐ作りましょう。

2.ピンタレストでのキーワードの使い方を間違えている

SEOを学んだ人がよく間違えてしまうのが、Googleのキーワードとピンタレストのキーワードの違いです。
ピンタレストはまだ日本語が得意ではありません。自分を表現するキーワードを見つけることがポイントです。

Googleは検索エンジン。ピンタレストはマッチングエンジン。

まったく別のシステムです。Google検索キーワード戦略は忘れてピンタレストと向き合ってください。
たくさんのキーワードを入れることで、そのピンはピンタレストから相手にされなくなります。

3.ピンタレストのアカウントや行動に一貫性がない

プロフィール、ボード、ピン、リンク先のサイトに一貫性はありますか?

毎日、同じぐらいのペースでピンタレストを利用していますか?

友人や知り合いとお互いにピンしあえば、アカウントが成長すると信じて関連のないピンをしていませんか?

個人アカウントであれば、どんなピンをしても構いません。ビジネスアカウントに関しては自分と関連のある物だけをピンしてください。

ビジネスアカウントを育てていくときには他の人のピンをすることが有効であるのは確かな事実です。しかしその場合はルールがあります。闇雲に他人のピンを保存してはいけません。

ピンタレストは一貫性のあるわかりやすいアカウントが大好きです。

あなたは一貫性がない人を大事な人に紹介しますか?

4.ピンタレストユーザーの行動を理解できていない

ピンタレストのユーザーは、使い始めしか検索をしません。ピンタレストユーザーの気持ちはピンタレストを使ってみればわかります。

ピンタレストを使い始めた時。新しい興味が増えボードを新しく作ろうと思った時に検索をするのです。

基本的に検索より、ピンタレストがオススメしてくるものをどんどんと見ていきます。

興味があるものを見つけたら、『あとで読もう』とピンしておくのです。

あなたのターゲットのユーザーの行動を考えてみることがピンタレストマーケティング成功への早道です。

明確な問題を解決したいユーザーは、GoogleやInstagram、Twitterで検索します。

ピンタレストユーザーに自分では明確になっていない、言葉にできないもの、無意識で考えていることをピンタレストは的確に提案して、「そうそう、こういうの知りたかったの!」と喜んでもらうためのシステム開発をしているのです。

5.ピン画像のデザイン性だけを考えている

ピンタレストのピン画像はキレイなものが人気なのは確かです。しかし、いくらキレイなピンを作ってもそのピンのインプレッションが伸びるとは限りません。

そのピンが表現したことが、ピンタレストアカウント、リンク先と一貫性があるのか?

ピンタレストが混乱しないように画像を選んでいるのか?

イメージ画像を使う場合、画像のテキストとタイトル、説明文になぜこのイメージ画像を使っているかなど、ピンタレストに説明をしてあげましょう。

ピンタレストはピン画像を1週間ぐらいで、このピンはこのカテゴリでこういうニーズのある人に拡散していこうと決めます。

よくわからないというカテゴリに入ってしまったピン画像は、ピンタレストユーザーの目に止まらないという悲しい運命を辿るのです。

6.リンク先のサイトの信頼度が低い

見落としがちですが、重要なポイントです。リンク先のサイトがいつも同じLPなんて最悪です。

ピンタレストはユーザーに満足してもらえることを第一優先に考えています。売り込みのサイトで許されるのは、広告費は払っているビジネスアカウントだけです。

これが大手企業のアカウントを真似しても結果が出ない理由です。

中小企業や個人事業主がピンタレストを無料で使ってマーケティングしたいなら、ブログサイト、ブログページをリンク先にしてください。

リンク先のサイトは、あなたの持ち物ですか?ビジネスプロフィールから、サイト認証は終わっていますか?

『https://』になっていますか?

記事は豊富にありますか?

更新頻度はどれぐらいですか?

この評価に関してはGoogleと同じ評価基準です。

7.ピンタレストからの提案を無視している

ピンタレストはいつもあなたにアドバイスを発信してくれています。

ピンタレストから送られてくるメールやおすすめなどは、必ず見ましょう。

ピンタレストからの連絡は無視して、自分のことばかり。そんなアカウントをピンタレストが推薦してくれると思いますか?

アナリティクスには改善点がわかるように、データを出してくれています。

ピンタレストはイベントや記念日などを大切にしています。母の日や父の日。夏休みやクリスマス。

季節や時期に合わせた発信が大好きなのです。ピンタレストからのメッセージをしっかりと受け取り、メッセージを受け取ったことをピンタレストに行動で報告しましょう。

 

ピンタレストの全体像がわかる資料をプレゼントしています。LINEより資料請求してください。

SNSマーケティングの個別指導はストアカより受付しています。

SNS活用法個別指導を申し込む

関連記事